主人公の青年“サミー”は どこにでもいるような平凡な青年です。 自分の夢を追いかけ、冷たい社会に翻弄され、悪友に騙され、 一度は人生を見失ってしまいますが、 友の励ましにより立ち直り、成功をおさめるまでを クイーンのドラマティックな楽曲と合わせてひとつのストーリーとしてお楽しみください。 想像力をいっぱいに沸き立たせて、 あなただけのミュージカルを上演して下さい。 さあ、間もなく上演開始です。お席について、今しばらくお待ちください!!


Part One   Black Side

◎オペラ座に夜が訪れ… 満員の観衆の中… ピンスポットが当たる舞台上… 一人のピアニストが唄い始めます。

1,うつろな日曜日
日曜の午後は、ひまなのさ…、
僕の人生はうつろな日曜日さ…

◆暗転と共に、多くのキャストが神々に捧げる唄を唄います。

2,神々の業
ああ 神の手にゆだねよう
神の心のままに
先のことは、わからない……
どうしらたら、よいのか……

◆一転、ライブハウスさながらに、エネルギッシュなロックン・ロールが披露されます。

3,レット・ミー・エンターテイン・ユー
ようこそ、紳士、淑女諸君!
挨拶をしよう、ご機嫌はいかが?
エンターテイメントに浸る用意は、できているかい?
さあ、ロックしよう!!!!!
僕に任せて、楽しませてあげる!!!!!!!

◆主人公サミーの登場です。彼は煌びやかなショーを見て、何か物思いに耽っています。

4,永遠の翼
サミーは落ちこんだ気分で
何度も何度もくりかえし
ただ、そのショーを見つめ続けた
この死んだような人生を捨てて
旅立つの時は今だと
心を決めるのは、今しかないと思いながら。

上役(ボス)は言った
「いいか、そんなきちがいじみた考えは、 きれいさっぱり忘れるんだ
サミー、おまえはいったい、自分が何様だと思ってる? さっさとエメラルド・バーの掃除をしな」

翼を広げて、飛んでいくんだ
飛んでいくんだ、遥か遠くまで
小さな翼を広げて、飛んでいくんだ
飛んでいくんだ、遥か彼方へと
元気を出すんだ
どうすればいいかは、君が一番良く知っている
だって君は、自由な人間なのだから。

◆サミーは夢を見ます。空想の世界が彼の唯一の拠り所です。

5,フェアリー・フェラーの神業
新月が輝く夜 妖精仲間らが輪になり集う…

6,ネヴァーモア
もはや、わたしの人生に生きる悦びはない
海は枯れ、雨が降ることもない
あなたがもうわたしを愛していないと言った、その時に
もう二度と戻れない もう二度と‥‥‥‥

◆夢の中の空想をかき消すように、急転直下、現実の世界へ――。 サミーは歓楽街のクラブにいます。美しい踊り子に心を奪われているようです。

7,ダンサー ダンサー
踊り子よ
僕は、それなしでは生きていけない
それがなければ、死んでしまうんだ
ダンサー、踊り子よ
ダンシング・シューズを脱ぎ捨てて
僕と一緒に来てくれないか

◆サミーは危険なゲームに手を出してしまったようです。

8,プレイ・ザ・ゲーム
僕の恋のゲームは、たった今始まったところ
頭のてっぺんからつま先まで、愛が駆け巡る
僕は私の血管を流れながら脈打ち
狂気へと駆り立てる
おいで、おいで、ゲームをしようよ。

◆そしてサミーは、どうする事も出来ない自己の感情に翻弄されます。

9,ジェラシー
嫉妬が僕を苦しめる、さあ、僕を見ておくれ
ジェラシー、おまえはどうしてか、僕を苦しめる
何の前触れもなしに
不意打ちを食らわせた
嫉妬心よ、おまえは僕をそそのかした
ジェラシー、おまえは僕の足元をすくった
ジェラシー、おまえは僕を落ち込ませた
僕を悲しみに沈ませ
痛みを味わわせた
嫉妬心よ、もう何処かへ行ってくれないか

◆上手く行かない人生に自棄を起こしたサミー、どうやら悪友の中に入ってしまったよう…

10,リロイ・ブラウン
悪党のリロイ・ブラウンは、常識なんて持ってやしない――
あるもんか あいつの脳みそは空っぽだが、流儀はたんまり持ってるんだ

◆天上からの響き―。サミーの手によって大いなる悲劇が起ろうとしています。

11,ボヘミアン・ラプソディー
ママ──たった今、人を殺しちゃった
あいつの頭に銃を当てて 引き金を引いたんだ
あいつは死んでしまった
ママ、人生はまだ始まったばかりなのに
僕はすべてをだめにしちゃった

時々思うんだ いっそ生まれてこなきゃ良かったって

◆人生のどん底に落ちたサミー。神を疑い自分自身も疑い、もがき苦しみます。

12,神々の業(リプライズ)
始まりもない、終わりもない
見せ掛けには、何の意味もない
僕を許してくれ
僕は本来の自分に戻りたい
人間の力では、及ばないことさ
でも、それは真実じゃない
人知を超えたものなんだ
でも、僕は馬鹿じゃない
どうなるか、神のみぞ知るだ

◆ただ一心に、助けを求めるサミー。地獄の苦しみに苛まれます。

13,セイヴ・ミー
助けて、僕を救って
たった一人で人生に向き合うなんて、出来ない
助けて、僕を救って
僕にはもう何もない、帰る家もない

Part Two   WhiteSide

◆暗転の中、やさしいピアニストの歌声が、天上より響きわたります。

14,ディア・フレンズ
親愛なる友よ、
すぐに涙は乾き、もう泣くこともなくなるさ

◆心やさしき親友が、思いつめたサミーに語りかけます。

15,ドント・トライ・スイサイド
よく考えてみなよ。
君には助けが必要なんだ
君は本当の人生を必要としている
そんなことはするな
そんなことをしちゃ、いけないよ
首に紐をかけたりするな
僕を落ちこませないでくれよ
脳みそを吹き飛ばすのかい?
そんなことはやめてくれ

◆サミーは親友の有難さにむせび泣き、心の絆を取り戻します。

16,心の絆
簡単なことさ、君には信頼できる友達がいるんだから
友達は、いつまでもずっと友達だよ
君を慈しみ、眼を注いでくれる
友達は、これからもずっと友達さ
人生に疲れ果て、希望がすべて失われても
手を伸ばしてごらん、だって友達は、ずっと友達だよ、
最後の最後まで

◆真の友が教えてくれた世界の惨劇に目を向け、 サミーは自分の小さな価値観の中で生きていた事を悟ります。 そして自分より苦しんでいる人が大勢いる事に気がつき 人々のために生きる道を選びます。

17,悲しい世界
食べ物を求めている、飢えた人々を見てごらん
僕らが流した血の犠牲を、よく見てごらん
あらゆる場所に追い散らされ
必要なものを捜し求めている
あまりに多くの孤独な人々、その表情を

これが僕らが作り上げた世界なのだろうか
僕らが心を傾け、成し遂げたことなのだろうか
これは僕らが法に背き、侵略を犯した世界なのだろうか
だから終わりに近づいているように
今、僕らが人生のよりどころとしているのは、これなのか

僕らが作り上げた世界
毎日、望みのないまま生まれる子供たちがいる
その子達は慈しみある世話と、幸福な家庭に迎え入れられることが必要なのに
他の何処かでは、裕福な人間が栄華を欲しいままにしながら
ただ日々が過ぎ去るのを待っているだけ
おお、これが僕らが生み出した世界なのだろうか
自らの力で成し遂げた
これが骨のずいまで僕らが荒廃させてしまった、
世界なのだろうか

◆人の為に生きる喜びを知ったサミーは、新たなる世界へ―。 毎日が力強く輝く美しい日々です。

18,イッツ・ア・ビューティフル・デイ
美しい日だ
太陽が輝いている
良い気分だ
今、僕を止めようとする人は、
誰もいない

19,ドント・ストップ・ミー・ナウ
今夜、僕は思いっきり楽しむつもりなんだ
生きているって、実感してる
止めないで、僕を止めないで、僕を止めないでくれよ
やめさせるな、やめさせないでくれ
――気に入ってるんだから 邪魔するな、邪魔しないでくれ
楽しもう、楽しまなくちゃ
止めないで、僕を止めないでくれ

◆常に何かを求め、欲し、不満ばかり抱いていたサミーでしたが、 与える事で満たされる喜びを体中に感じ、友と唄いあげます。

20,レット・ミー・リヴ
僕はただ、与えることだけしかできない
僕を生きさせて
僕の魂の欠片を、もう少し奪っていくといい
貴方に求めることは、ただ一つ
それは、生きるチャンスが与えられること
ほんの少し、新しい欠片を持っていかないかい
僕の心のかけらを、あげるよ
ああ、ベイビー
新しいスタートを切るんだ

◆そして、人の為に生き続け、勉学を重ねたサミーは……ついに夢だった宇宙飛行士になります!! ――サミーが“翼を広げ飛び立つ”瞬間が来たようです。

21,39
年は2039年、ここに志願者たちが集まった
船に乗り組む二十人の勇敢な人々のことを
振り返ることなく、怖れも涙もなく
僕たちの孫なら知っているこの国で
君の手を取る日のために

◆サミーはみんなのヒーロー、憧れとなり、多くの子供達に自分の体験を語ります。

22,ザ・ヒーロー
君は、取るに足りない人間ではないと、感じていて、
ひとかどの人物にならなければと、いつも思っているなら
しっかりその足を地につけて
その手を胸に当て 頭を上げて、星を見てごらん
世界は君にとって、魅力的な場所となる
君がしなければならないことは、この世界を救うことさ

これで物語は終わり、そんな風に感じているんだね
なかなか満足のいく話だったと
なら、いいかい、友よ
これで終わりにみえるかもしれない

でも、この続きは君自身が作っていくんだ
そうさ、君がヒーローなんだよ

◆人生を勝利で飾る事が出来たサミーの、最後のメッセージです。

23,伝説のチャンピオン
支払い(償い)はした
刑期も勤め上げた
ひどい間違いなら
いくつか犯したことはある
苦い屈辱を受けたこともある
でも、乗り越えてきた。

僕らはチャンピオン、そうさ、友よ 僕らは最後まで戦い続ける
僕らはチャンピオン、チャンピオンだ
敗者に甘んじることは、一瞬たりとてないさ
僕らは世界一のチャンピオンなのだから

君たちすべてに、感謝したい
でもそれは、決して安楽な生活ではなかった
楽しい旅でもなかった
それは人類すべてを向こうに回した挑戦だと
そんなふうに思える
でも、僕は負けたりはしない

僕らはチャンピオン、そうさ、友よ
僕らは戦い続ける、最後まで
僕らはチャンピオン チャンピオンなんだ
敗者に甘んじることは、一瞬たりとて許さない
僕らは世界一の、チャンピオンなのだから!!!!!

★大きなカーテンコールに包まれながら、 華麗なる一夜の幕が降りようとしています……

THANK YOU!!!!  

GOOD NIGHT!!!!

 

aaaa